カリフォルニア・ウィンターリーグJPへようこそ!!

“全米最大規模“のトライアウトプラットフォームであるカリフォルニア・ウィンターリーグの最大のメリットとは?

No.1 一箇所にMLBスカウト陣、プロ野球監督・コーチ陣が集まり、試合形式の中でテストを行うことが出来ること。

No.2 全米最大規模のプロ野球独立リーグであるフロンティアリーグと提携していることで、契約チャンスが多いこと。

No.3 一箇所でテストを開催するため移動コストもかからずに参加費用がお得です!!

※フロンティアリーグについてはこちらをクリック

‘‘フロンティアリーグ‘‘との提携により31名が同リーグと契約をしています。

アメリカ、日本独立リーグやヨーロッパにおいてプロ野球選手になりたいと考える選手と、効率的に良い選手を確保したいと考える MLBチームやプロチームの監督・コーチ陣を引き合わせる機会が、「カリフォルニア・ウィンターリーグ」(以後、CWL)と呼ばれるスカウティングリーグの目的です。

広大な国土を持ち、プロチームの組織数もチーム数も多いアメリカでは、スカウト陣が大学や高校を1つひとつまわって優秀な選手を発掘するのは至難の業です。選手にとっても、多額の費用と時間をかけてチームを回るとなると、アメリカ国内選手でも60〜100万円ほどの出費を覚悟しなければなりません。

そこでCWLでは監督・コーチ、スカウト陣と選手を一箇所に集めて、チーム編成を行い、1ヶ月間に渡り試合を行います。スカウト陣の目に留まれば、その場でプロ契約をすることが出来ます。また、CWLは選手をプロ契約するという目的において全米で最も成功したスカウティングリーグでもあります。2010年からスタートし、これまでの11年間で600名以上の選手がプロ契約をし、13にも及ぶMLBチームと40名以上の選手たちが契約やキャンプ招待をされています。

 

【2020年度 CWLキャンプ招待・契約選手一覧はこちらをクリック!!】

 

※日本人選手は、日本プロ野球独立リーグ、アメリカプロ野球、(フロンティアリーグ)アメリカ・カレッジサマーリーグなどでプレー機会を手に入れました。


CWL 2021 Information News」

カリフォルニア・ウィンターリーグのyou tubeチャンネルは以下のURLからご覧下さい。2020年度の試合の様子などもアップされました!!

『カリフォルニア・ウィンターリーグ公式you tube チャンネルはこちら』

● 2019.09.01(Sun) 9月1日より正式にカリフォルニアウィンターリーグ2020年度への受付けが始まります!!

● 2017.03.26(Fri) 2017年度日本人契約選手一覧が更新されました!!

● 2017.01.10(Sun) 2017年のCWLインストラクターが更新されてます!!


【日本人選手 契約実績一覧】

※契約詳細はそれぞれの写真をクリックして下さい。

 

‘‘2015年度のアメリカでのシーズンをきっかけにその後ヤクルトに入団した菊沢竜佑投手のアメリカでのピッチング動画です‘‘

‘‘2014年度日本人選手契約者の詳細はこちらをクリック‘‘

‘‘2013年度 契約者 安田裕希選手‘の打撃動画はこちらをクリック‘

‘‘2012年度 契約者  井野口祐介選手のアメリカでプレーした際のインタビュー記事です‘‘

‘‘2012年度 契約者  井野口祐介選手がアメリカでプレーした際の動画です‘‘

‘‘2012年度 契約者  西本泰承選手がアメリカでプレーしたシーズンの様子です‘‘


Copyright (C) cwlbaseball.wordpress.com All rights reserved.

※当サイトの無断転用は一切お断りしております。また当サイトの内容を無断で転用し、選手のリクルート・斡旋等を行われた場合はこちらでの受け入れをお断りさせて頂きますので、ご了承下さい。