Instructors


バリー・モス  ぺ パダイン大学を卒業後にシンシナティー・レッズからドラフト指名を受ける。レッズとトロント・ブルージェイズにて3Aまで昇格し、プレーした経歴を持つ。 その後はマイナーリーグのスカウトやインストラクターを務め、サンディエゴ・パドレスとシカゴ・カブスのマイナーリーグの監督を歴任した。2011年はア メリカプロ野球独立リーグの一つであるキャナムリーグに所属するブロックトン・ロックスやアメリカン・アソシエーションリーグに属するフォートワース・ キャッツとセントポール・セインツの選手獲得権を主に行っていた。2012年はフロリダ・マーリンズのマイナーリーグにて打撃コーディネーターを務め、2013年はロサンゼルス・ドジャースのスペシャルアサイメントスカウトを務めている。


クリス・カミルーチ  アリゾナ・ダイヤモンドバックスのスペシャルアサイメントスカウト。以前はカンザスシティー・ロイヤルズやフィラデルフィア・フィリーズにてスカウトを務めた経歴を持つ。2004年に 監督と してのキャリアを始め、アメリカプロ野球独立リーグの1つであるキャナムリーグに所属したバンゴー・ランバージャックスにて采配を振るった。その後も同 リー グのアトランティックシティー・サーフス、セントジョセフ・ブラックスネークス、ブロンクトン・ロックスなどで監督を務め、2007年にはリーグにおける 最優秀監督に選出された。

また、その実績を評価されその後は数多くのチームにて選手獲得における責任者を務めた。優秀な選手をスカウトした数も多く、現在はアリゾナ・ダイヤモンドバックスにてその重責を担っている。


リック・シュローダー カンザスシティー・ロイヤルズにてスカウトを務め、現在はテキサス・レンジャーズのプロスカウトとして多くの選手にチャンスを与えている。カリフォルニア・ウィンターリーグからも過去2年間に2名をスプリングトレーニングに招待している。


マイク・ガルシア 南カリフォルニア州を中心にフィラデルフィア・フィリーズのアマチュア選手のエリアスカウトを務める。カリフォルニア・ウィンターリーグには毎年スカウトとして参加し、将来有望な若手選手のスカウティングに力を入れている。

 


ジョン・ハリス 2017年シーズンは全米最高峰と言われるアメリカプロ野球独立リーグの1つであるアトランティックリーグに所属するサザンメリーランド・ブルークラブスの監督となる。監督、スカウトとしても経験が豊富であり、カリフォルニア・ウィンターリーグへの参加は4回目となる。

 

 

 

【サザンメリーランド・ブルークラブスの公式サイトは以下をクリック】

 

 

 


 ボビー・ブラウン 2016年度はアメリカプロ野球独立リーグの1つであるアメリカンアソシエーションリーグに属するリンカン・ソルトドッグスにて監督に就任した。2015年は同リーグのアマリロ・サンダーへッズにて監督を務めている。2014、2013年シーズンは同リーグに属するアマリロ・ソックスにて監督を務めた。 2012年はユナイテッドリーグに属したアブリ-ン・プレーリードッグスにて監督を務めた経歴を持つ。2011年シーズンも同リーグのサンアンジェロ・コ ルツにて打撃コーチを務め、数々のチーム記録をぬりかえる攻撃陣を育てた実績を誇る。選手としては台湾やMLB傘下ではカンザスシティー・ロイヤルズでプ レーした経歴を持つ。 また、ボビー・ブラウンは選手、コーチ、監督、スカウトとしてプロ野球に18年間関わっています。

 

【リンカン・ソルトドッグスの公式サイトは以下をクリック】

 

 

 

 

 


Dan Rohn

ダン・ロン 13年間のプロ野球生活で3年間をメジャーリーグにてプレーした。その後監督とコーチとしてのキャリアをスタートさせ、4度の“Manager of the Year“(最優秀監督賞)に選出された経歴を持つ。メジャーリーグ傘下の3Aで3度、また2Aレベルにて1度選出されている。2015年はアメリカプロ野球独立リーグの1つであるフロンティアリーグに所属するトラビスシティー・ビーチバムズにて監督を務めチームをリーグ優勝に導く手腕を発揮している。

 

 

【トラビスシティー・ビーチバムズの公式サイトは以下をクリック】

 

 

 


デニス・ペリフェリー アメリカプロ野球独立リーグの1つであるフロンティアリーグに所属するフローレンス・フリーダムにて監督を務める。2013年にはアメリカンアソシエーションリーグに所属するゲイリーサウスショア・レイルキャッツにてコーチを務め、チャンプオンシップ獲得に貢献している。選手としても主に6年間フロンティアリーグにてプレーした経験を持つ。選手の目線に立つ指導で若い選手たちからの人望もあつい。

 

 

【フローレンス・フリーダムの公式サイトは以下をクリック】

 

 

 


 キャメロン・ロス  2014、2015年シーズンはフロンティアリーグに属するシャンバーグ・ブーマーズにてアシスタントコーチを務めた。2016年は同リーグに所属するレイク・エリークラッシャーズの監督に就任。投手と野手のフォームを修正する能力にたけてい る。選手としては2010年にボルティモア・オリオールズにドラフトされた経験があり、2012年にはブーマーズでも投手として活躍を した。

 

 

【レイクエリー・クラッシャーズの公式サイトは以下をクリック】

 

 

 


ロン・ビガ  フロンティアリーグに属するウィンディーシティー・サンダーボルトの監督を務めているビガは16年に渡りプロ野球に関わっている。また、ビガはアリゾナ・ダイヤモンドバックスにおいてスペシャルアサイメントスカウトを兼務している。2006年にアメリカンアソシエーションリーグに属するスーシティー・エクスプロラーズにてプロ野球のコーチとしてのキャリアをスタートさせたビガはアシスタントコーチとチームの選手獲得を行っていた。2008年もフロンティアリーグのサザンイリノイ・マイナーズにて同じポジションをこなした。2011年は同リーグのジョリエット・スラマーズにてベースボールオペレーションの副社長を務めチームをフロンティアリーグ優勝に導いた実績を誇る。

 

 

【ウィンディーシティー・サンダーボルツの公式サイトは以下をクリック】

Windy city Thunder Bolts

 

 

 


トム・ベイス アメリカンアソシエーションリーグに所属するウィニペグ・ゴールドアイズにて打撃コーチを務めている。14年間ウィニペグにてコーチを務める中で12人の選手をメジャーリーグのチームと契約させるなど選手発掘と育成において手腕を発揮している。2016年度はチームをリーグチャンピオンシップに導くなど、チームの勝利にかかせない存在となっている。

 

 

【ウィニペグ・ゴールドアイズ公式サイトは以下をクリック】

 

 

 

 


ポール・ノス 2016年度から開始されたアメリカプロ野球独立リーグの1つであるユナイテッドショアプロフェッショナルベースボールリーグに所属するイーストサイド・ダイヤモンドホッパーズにて監督を務める。選手としてもメジャーリーグにおいて71試合プレーし、マイナーリーグにて11年間プレーした経験を持つ。指導者としてもピッツバーグパイレーツにおいてマイナーリーグの監督やコーチを務めている。

 

イーストサイド・ダイヤモンドホッパーズ公式サイトは以下をクリック】

 

 

 


defc00adb4facc3a3309da7c1c356c51

ゲーブ・スワレス 2004年にモントリオール・エクスポズからドラフトされ、その後10年間をコロラド・ロッキーズ、シンシナティー・レッズ、サンディエゴ・パドレス、ロサンゼルス・ドジャース、フィラデルフィア・フィリーズなどでプレーした経歴を持つ。2013年にはWBCのスペイン代表としてもプレーしている。2015年はアメリカプロ野球独立リーグの1つであるアメリカンアソシエーションリーグに所属するジョプリン・ブラスターズにてCEOを務めた。

 

 

【ジョプリン・ブラスターズの公式サイトは以下をクリック】

 

 

 


Dan Dipace ダン・ディペース 2009 年ゴールデン・ベースボールリーグに所属したビクトリア・シールズの打撃コーチ。マイナーリーグ時代には遊撃手として活躍。1965年のマイナーリーグド ラフトではミネソタ・ツインズから1位指名を受けた選手で、その後もミッドウエストリーグとカロライナリーグにて首位打者を獲得した経歴を持つ。コーチと してもアメリカプロ独立リーグにて豊富な経験を持ち2008年にはゴールデン・ベースボールリーグのオレンジカウンティ・フライヤーズを優勝に導いた実績 を誇る。2014年シーズンはパシフィック・アソシエーションリーグに所属するサンラファエル・パシフィックスの監督に就任した。

 

 

【サンラファエル・パシフィックスの公式サイトは以下をクリック】

 

 

 


クリス・ニューエル 2016年度から開始されたアメリカプロ野球独立リーグの1つであるユナイテッドショアプロフェッショナルベースボールリーグに所属するバーミンガムブルームフィールド・ビーバーズにて監督を務める。選手としてはフロンティアリーグなどでプレーし、ゴールドグラブを受賞するなど活躍した。その後タンパベイ・レイズやニューヨークヤンキースなどでスカウトを務めた経験を持つ。

 

 

【バーミンガムブルームフィールド・ビーバーズの公式サイトは以下をクリック】

 

 

 

 


マック鈴木  シ アトル・マリナーズ、カンザスシティー・ロイヤルズ、コロラド・ロッキーズ、ミルウォーキー・ブルワーズにてプレーした経歴を持つ。村上雅則氏、野茂英雄 氏に次ぐ日本人3人目のメジャーリーガー。日本プロ野球界を経由しない初の日本人メジャーリーガーであり、アメリカンリーグ初の日本人メジャーリーガーで もあった。1998年にメジャー初勝利をあげ、メジャー通算7年間で117試合 16勝 31敗 327奪三振 465.2投球回 防御率5.72 の実績を残している。


Harry Gurleyハリー・ゲーリー  全米でも強豪校の一つであるオハイオ州立大学を始めとする様々なカテゴリーでピッチングコーチ、監督を務めた経歴を持つ。1984年にはパイオニアリーグで1A(マイナーリーグ)の監督を務めたこともある。アマ・プロのレベルにおいて多くの経験を誇るハリーはカンザスシティー・ロイヤルズとセントルイス・カージナルスにおいてスカウトを務めていた。また、監督・コーチ時代の教え子は35人がメジャーリーグ組織からドラフトされ、その中の12人はメジャーリーグに到達し、プレーしている。


※現在2016年度のインストラクターを発表しています。随時このページで更新していきますので、ご確認下さい。(多少の変動等もあるかと思いますが、ご了承下さい。)

Copyright (C) cwlbaseball.wordpress.com All rights reserved.